使い方 専用パーツ

AFFINGER6の「メモボックス」を使いこなそう(基本編)

今回は、ブロックエディタでAFFINGER専用メモボックス(メモブロック)を使いこなす方法(基本編)として解説していきます。

メモボックスとは、AFFINGER6の専用ブロックのひとつ。

メモボックスは2種類に分かれます。

  1. 段落スタイルのメモボックス
  2. AFFINGER専用ブロックのメモボックス

ここでは、AFFINGER専用ブロックのメモボックスの使い方について、詳しく解説していきます。

段落スタイルのメモボックスの使い方については、以下の記事に詳しく書いているので、2種類を使い分けたい方はぜひチェックしてください。

(段落スタイルのメモボックスの使い方の記事は、只今準備中です。)

使用するのは「ブロックエディタ」です。「クラシックエディタ」は使用しません。

AFFINGER6専用「Gutebergプラグイン2」を必ず有効化してください。

メモボックス装飾例

まずはじめに、メモボックス(メモブロック)とはどんなボックスなのかイメージを紹介します。

デフォルト

テキストありバージョン

ボーダーありバージョン

アイコンサイズ 200%

背景を暗い色にすればクールさを演出できます。

アニメーションを追加すれば、さらに注目度を上げれます!

メモブロックの設定と使い方

ここでは、メモブロックの挿入 ~ 各設定までの手順を詳しく解説していきます。

設定項目

  • アイコン設定
    • アイコン色
    • アイコンクラス
    • アイコンサイズ
  • 色設定
    • 文字色
    • 背景色
    • ボーダー色

メモブロックを挿入する

新しい段落に「/メモ」と入力し、「STINGER:メモ」を選択。

するとメモブロックが挿入されます。

もしくは、ブロック追加の「+」をクリックし、ブロックメニューの中から「STINGER:メモ」を選択する。

アイコンを設定する

アイコン設定で変更できるのは、

  1. アイコンの色の設定
  2. アイコンの種類
  3. アイコンのサイズ

この3つです。

アイコンの色を設定する

アイコン色としてあらかじめ用意されている色を選択、またはカラーパレットから好きな色を選べます。

設定イメージ

アイコンの種類を選択する

デフォルトのアイコン(約40個)から選ぶ。

アイコンリスト

もしくは、アイコンのクラス名を入力し、デフォルトにないWEBアイコンを使うこともできます。

アイコンクラスを挿入する

その他のWEBアイコンは、AFFINGER公式マニュアルにある「オリジナルアイコンリスト」で確認してください。(約100個あります)

アイコンのサイズを変更する

アイコンのサイズを、100~パーセンテージで変更できます。

実用的なのは、~200% まで。 それ以上になると、アイコンとテキストのバランスが悪いです。

※ちなみにこのメモボックスのアイコンは200%にしています。

色の設定をする

色の設定で変更できるのは、

  1. 文字の色
  2. 背景の色
  3. ボーダーの色

この3つです。

  • 文字色を変更することで、アイコンとボックス内のテキスの色が変更される
  • ボーダーの色を設定することで、ボーダーが表示されます

「文字色」変更イメージ

「背景色」設定イメージ

「ボーダー色」設定イメージ

まとめ

今回は、AFFINGER専用ブロックである「メモボックス(メモブロック)」の基本的な使い方について解説しました。

基本的な設定は非常に簡単です。

あとは、「どんな場面にどんな装飾を施したメモボックスを使うのか」これが決まれば、パターンとして登録してすぐに呼び出せるようにしておきましょう。

(「パターン」の登録~使い方については、只今準備中です。)

ちなみに、アイコンにアニメーションを追加する方法については、以下の記事に詳しく書いていますので、参考にしてください。

-使い方, 専用パーツ
-