PR WordPressテーマ

【初心者向け】デザインがおしゃれで使いやすいWordPress有料テーマ3選

WordPress

「ブログ初心者でも使いやすい、デザインがおしゃれなテーマってどれですか?」

「WEBデザインが苦手な私でもおしゃれなブログが作れるテーマを教えてください」

こんな質問に答えます。

今回は、「もし俺が、自分の親しい人に薦めるならこれや!」というテーマを3つピックアップしました。

あえて3つにした理由は、5個も10個も紹介すると、迷って決めきれなくなってしまうからです。

  1. ブログに最適なテーマであること
  2. 初心者でも扱いやすい操作性
  3. 信頼できる開発者であること

これらを軸に、デザインがおしゃれで使いやすいWordPressテーマを「ブログ初心者向け」に紹介していきます。

この記事を書いた専門家

KAZU

2017年よりWordPressを使ったサイト作成を開始。 

今まで購入したWordPressの有料テーマは、「AFFINGER・SWELL・SANGO・STORK・JIN・THE THOR 」の計6つ。

テーマを弄り倒し、マニュアルにも載っていないような組み合わせを見つけることによろこびを感じている。

今では企業向けにホームページ制作も請け負っています。(※WordPress使用)

この記事で紹介しているテーマは、実際にぼくが使ってみていいなと思ったものだけを厳選したものです。

\デザインがおしゃれなだけではダメ/WordPressの有料テーマを選ぶ際に絶対外せないポイント

まずはじめに、ブログ初心者がテーマ選びで失敗しないための「ポイント」を解説します。

WordPressのテーマは「デザインがおしゃれ」というだけで選ぶと失敗します。

見た目がおしゃれなだけでじつは使いにくかったり、内部SEO対策が施されていない「見た目だけのテーマ」も存在するからです。

WordPressのテーマを選ぶ際に以下の3つは最低限クリアしているかを見ておく必要があります。

  1. 使いやすいかどうか 
  2. SEO対策は施されているか
  3. 頻繁に更新されているか

それぞれ詳しく解説していきます。

<ポイント1使いやすいかどうか

「使いやすい」テーマとは、

  • デザイン変更が簡単
  • 記事を書くためのパーツが使いやすい

この2つが揃っているテーマです。

これは、楽しくブログを続けていくためには欠かせない要素でもあります。

実際デザインはおしゃれだけど、記事を書くための装飾パーツが使いにくい…とか、おしゃれだけど機能が物足りないなぁ…と感じるテーマはあります。(※訴えられると困るので名前は言いませんけど・・・

こういうテーマを使っていると、記事を書くたびにイライラしてしまうんですよね^^;

大事なのは、記事を書くことに集中できるテーマであること。

なので、使いやすいテーマ(特に記事を書くためのパーツが使いやすいテーマ)を選ぶことが大切です。

SEO対策を施されていること

最新のSEO対策が施されているテーマを選ぶことが大事です。

頻繁にアップデートしているGoogleのアルゴリズムに対応できていないと、検索エンジンでの上位表示はむずかしくなるからです。

しかし、SEO対策をしっかりやっているテーマとやっていないテーマとでは、しっかりやっているテーマのほうが有利なのは間違いありません。

特に、記事のクオリティが同じぐらいのサイト同士が競い合ったときには、その差は大きく出ます。

下の表は、2021年の検索順位別クリック率を表したものです。

検索順位クリック率
1位13.94%
2位7.52%
3位4.68%
4位3.91%
5位2.98%
6位2.42%
7位2.06%
8位1.78%
9位1.46%
10位1.32%
引用元:2021 CTR 調査研究

この結果を見てわかるように、1位(13.94%)と2位(7.52%)では、クリック率に約2倍の差があります。

検索エンジンで上位表示を狙うのであればもちろん「1位」を狙いますよね?

なので、SEO的に不利にならないように、最新のSEO対策が施されているテーマを選ぶことが大事です。

頻繁に更新されているか

特に何ヶ月も更新していないようなテーマは絶対に選んではダメです!

WordPressの最新バージョンに対応できてないということは、WordPressを更新するたびに表示トラブルを起こす可能性があるからです。

特にWordPressのバージョンが 5 → 6 に変わるような「アップグレード」は、大規模な機能の追加や仕様の変更等を伴いますので、テーマ側でも仕様変更に即対応する必要があります。

頻繁に更新しているテーマは、WordPress側のアップデートやアップグレードなどにも迅速に対応してくれているので安心です。

表示トラブルや不具合を起こさないためにも、頻繁に更新しているWordPressテーマを選びましょう。

これらの条件をおさえた上で、ブログ初心者におすすめなテーマを紹介していきます。

ブログ初心者におすすめ/おしゃれで使いやすいWordPressテーマBEST3

SWELL

  • テーマ名     : SWELL(スウェル)
  • 販売価格     : 17600円
  • ブロックエディタ : 完全対応
  • サポート     : 購入者用サポートフォーラムあり
  • 複数サイト利用  : 利用可能

テーマの評価: 4.8

使いやすさ(4.7)
SEO対策(4.5)
更新頻度(5.0)
デザイン性(5.0)
装飾パーツの豊富さ(4.5)
ブロックパーツの使いやすさ(4.7)
設定のしやすさ(4.3)
サポート(4.8)

\SWELL購入はこちらから/

SWELL 公式

SWELLは、圧倒的な使い心地を追求したテーマです。

  • 洗練されたデザイン性
  • 記事の装飾パーツの豊富さ
  • 楽しく書ける仕掛け

などが充実しており、ブログ初心者~上級者までの幅広い層のニーズに答えてくれます。

特にSWELLが人気な理由は、専門知識がなくても美しいサイトが作れるという点です。

ぼくも数サイトにSWELLを使用しているんですが、実際に使っていて「すべてのデザインが洗練されている」ということを強く感じます。

さらに、執筆作業が楽しくなるような「装飾パーツ」の豊富さや、使い心地の良さも追求されているところが、使っていて気持ちいいテーマですね。

※「+」をクリックで装飾パーツの設定が見れます。

ただ美しいだけのWordPressテーマはけっこうあるんですが、ここまで使い心地にもこだわっているテーマはなかなかないですよ(笑)。

SWELLを使うメリット

  • インストールしただけでもサイトがおしゃれに!
  • 必要なプラグインが必要最小限に抑えられる
  • わからないことは専用フォーラムで質問できる
  • ページを表示する速度が速い
  • 無料テーマからの乗り換えが簡単にできる
  • ブロックエディタが使いやすい

SWELLのデメリット

  • 使っている人が多いので似たようなサイトになってしまう
  • 装飾で記事内容をそれっぽくできてしまう
  • 他のブログ向けテーマと比べると値段が高め

ブログ初心者にとって心強いのは、「わからないことは専用フォーラムで質問できる」という点です。

基本的なことは、マニュアルを見るなりググるなりすればだいたいわかるんですが、調べても解決策が見つからないときってありますよね。そんなときは「専用フォーラム」の過去の質問を見る、もしくは新たに質問することで解決できますよ。

\SWELL購入はこちらから/

SWELL 公式

STORK19

  • テーマ名     : STORK19(ストーク)
  • 販売価格     : 11,000円
  • ブロックエディタ : 完全対応
  • サポート     : 無料メールサポートあり
  • 複数サイト利用  : 利用不可

STORK19の評価: 4.3

使いやすさ(4.2)
SEO対策(4.5)
更新頻度(4.3)
デザイン性(4.5)
装飾パーツの豊富さ(4.0)
ブロックパーツの使いやすさ(4.8)
設定のしやすさ(4.7)
サポート(4.0)

\STORK19の購入はこちらから/

STORK19 公式

STORK19(ストーク)は、スマホでの見やすさ・機能・デザインにこだわりぬいているWordPressテーマです。

  • スマホからの見やすさへのこだわりがすごい
  • シンプルで美しい磨き抜かれたデザイン
  • ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり

というのが特徴で、ブログ初心者~中級者までの方にオススメのテーマです。

実はこのテーマ、一昔前は ワンランク上の有名ブロガー がこぞって使っていたテーマでもあります

WEBデザインに詳しくないけど、かっこいいサイトにしたい!

デザインはテーマに任せて執筆作業に集中したい!

というニーズを見事に満たしてくれるテーマだからです。

現在はブロックエディタに完全対応し、デザイン性と執筆しやすさが格段に上がっています。

※「+」をクリックで装飾パーツの設定が見れます。

実際に使っていて思うのは、シンプルなので直感的に使いやすいということですね。

デザインもシンプルな上に洗練されているので、ぼくはすごく好きなテーマです。

STORK19 のメリット

  • 機能がシンプルなのでムダに迷わない
  • 記事の執筆に集中できる
  • 直感的に使える装飾パーツが多い
  • カスタマイズが簡単
  • ブログで必要な機能は幅広く揃っている
  • 有名テーマに比べると良心的な価格
  • わからないことはメールで質問できる

STORK19 のデメリット

  • カスタマイズ項目が少ないので、細部までこだわったデザインができない
  • シンプルがゆえにサイトデザインが似通ってしまうので、差別化がむずかしい
  • 1ライセンスにつき1サイトしか使用できないので、複数サイト運営に向かない

とにかく機能はシンプルなんですが、「あったらいいな!」っていう機能はちゃんと押さえられています(アニメーションなど)。

  • 機能が多すぎると迷って手が止まってしまう
  • 装飾のルール決めるのが苦手

という方には特にオススメですよ。

\STORK19の購入はこちらから/

STORK19 公式

SANGO

  • テーマ名     : SANGO(サンゴ)
  • 販売価格     : 14,800円(税込み)
  • ブロックエディタ : 完全対応
  • サポート     : 無料メールサポート
  • 複数サイト利用  : 利用可能

SANGOの評価: 4.2

使いやすさ(4.0)
SEO対策(4.5)
更新頻度(4.5)
デザイン性(4.1)
装飾パーツの豊富さ(5.0)
ブロックパーツの使いやすさ(4.2)
設定のしやすさ(4.2)
サポート(3.0)

\SANGOの購入はこちらから/

SANGO 公式

SANGOは、ユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。

人気の理由は、

  • 愛嬌のあるやわらかいデザイン
  • 装飾パーツの圧倒的な多さ

ですね。

ぼくも実際にSANGOで作成しているサイトがあるんですが、

子育て系などの「安心感を与えたいブログ」とSANGOのデザインが非常に相性がいいと感じています。

あと、装飾パーツは他テーマと比べると圧倒的に多いのが魅力ですね。

たとえば見出しやボックスだけ見ても、これだけのスタイルが用意されています。

※「+」をクリックで装飾パーツの設定が見れます。

まさに、圧倒的な数と可愛さです。

これがSANGOのメリットのひとつであり、デメリットでもあります。

SANGO のメリット

  • マニュアルが充実していているので初心者でも安心
  • やさしいデザインのサイトが簡単に作成できる
  • 装飾パーツの種類が多い
  • ページの表示速度が速い

SANGO のデメリット

  • デザインにクセがあるのですぐSANGOだとわかる
  • 装飾パーツのデザインが多すぎて迷う
  • カスタマイズする場合はHTMLやCSSの知識がいる
  • ビジネス系などの堅いテーマとは相性が悪い

SANGOは全体的に「居心地の良さ」を感じられるやわらかいデザインで作り込まれているテーマです。

初心者でも、圧迫感のないやさしい雰囲気のサイトが簡単につくれるのが魅力です。

「かわいい・やさしい・やわらかい」

そんなイメージでブログをつくりたいなら、SANGOはベストバイになるはずですよ!

\SANGOの購入はこちらから/

SANGO 公式

SANGOを買うなら、公式サイトよりも ConoHa のほうが絶対にお得です!

今ならWINGパックとセットで、通常価格14,800円 ⇒ 14,000円で買えます。

SANGOをお得に購入する

まとめ

今回は、デザインがおしゃれで使いやすいWordPress有料テーマを紹介しました。

デザインがおしゃれというだけでテーマを選ぶと、後悔する可能性が高いです。

実際に、後悔して買い直している人を何人も見てきました。

とりあえず、

  1. 使いやすいかどうか
  2. SEO対策は施されているか
  3. 頻繁に更新されているか

この3つは最低限おさえたうえで、デザインがおしゃれなテーマを選んでくださいね。

ちなみに、

デザインよりも「稼ぐこと」に力を入れたい!

もっと細かくカスタマイズして個性を出したい!

という方は、当サイトでも使用しているAFFINGER(アフィンガー)がおすすめです。

なぜならAFFINGERは「稼ぐことに特化したWordPressテーマ」であると同時に、CSSの知識がなくても細かなところまでカスタマイズできるテーマでもあるからです。

AFFINGERの特徴は以下の記事に詳しく書いてあるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい!

【稼ぎたいブログ初心者向け】買って損しないWordPress有料テーマはこれ一択です!

「ブログで真剣に稼ぎたいんすけど、どの有料テーマを選べばいいですか?」 「そもそも稼ぎやすいWordPressテーマなんてあるんですか?」 こんな疑問に答えます。 いきなり結論から言うと、 稼ぐことが ...

-WordPressテーマ