PR AFFINGER6専用機能

AFFINGER6:デザイン済みデータの作成方法

サイトの見た目を格好よくしたいけど、どうやっていいかわからない…

AFFINGER6のデザイン済みデータを使えば、誰でも簡単にプロ級のデザインを自分のサイトに取り入れることができます。

この記事では、初心者の方でも迷わずにできるデザイン済みデータの作成方法を解説していきます。

まずはここからスタートして、あなたのサイトをもっと魅力的に変身させましょう!

AFFINGER6のデザイン済みデータとは

デザイン済みデータとは、
AFFINGERユーザーが簡単にサイトの見た目を整えることができるよう設計された「完成されたデザインテンプレート」です。

このデータを利用することで、初心者でもプロフェッショナルなサイトデザインを短時間で導入できます 。

デザイン済みデータは、「カスタマイザー」「ウィジェット」「テーマ管理」などの設定がプリセットされており、インポート後すぐにサイトに反映させることができます 。

このデータは特に、

  • サイト設定に多くの時間をかけられない
  • すぐにでもコンテンツの投稿を開始したい

こんな方に最適です。

デザイン済みデータ作成に必要なもの

デザイン済みデータを作るときには、以下のプラグインが必要です。

  • Customizer Export/Import(無料)
    • AFFINGERテーマのカスタマイザー設定をエクスポート(書き出し)するために使用します。このプラグインは、ウェブサイトの基本的な見た目や動作を設定するカスタマイザーの情報を保存したり、他のサイトに移したりする時に使います。
  • Widget Importer & Exporter(無料)
    • ウィジェット設定を簡単にエクスポート(書き出し)するために使用します。これにより、サイトのウィジェット構成を簡単に再現することが可能です。
  • データ引継ぎプラグイン(有料)
    • AFFINGER管理画面の設定をエクスポート(書き出し)するために必要です。これがないと手動で設定しなければいけないので、かなり時間がかかります。

この中でも「データ引き継ぎプラグイン」はAFFINGER専用のプラグインです。

STINGER STOREから購入し、ダウンロードまで完了させてください。

\データ引き継ぎプラグイン/

STINGER STOREで購入する

お得情報

AFFINGER6 EX(アップグレード版)の購入で、データ引継ぎプラグインが無料特典として付いてくるキャンペーンをやっているときがあります。もしEX版へのアップグレードを検討しているのであれば、そのキャンペーンを利用するとお得ですよ!
AFFINGER6EX(アップグレード)版をチェック

デザイン済みデータの作成手順

それではデザイン済みデータの作成に移ります。

デザイン済みデータの作成手順は、

  • 必要なプラグインをインストール→有効化する
  • 各データをエクスポート(書き出し)する

という流れになります。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

必要なプラグインをインストールする

必要なプラグインは、
Customizer Export/ImportWidget Importer & Exporterデータ引継ぎプラグイン の3つです。

まずは無料の「Customizer Export/Import」と「Widget Importer & Exporter」をインストールします。

Customizer Export/Import」と「Widget Importer & Exporter」のインストール手順

1.左メニューの「プラグイン」から[新規プラグインを追加]を選択。

2.❶に「Customizer Export/Import」と入力すると、Customizer Export/Import が候補に出てくるので、❷「今すぐインストール」をクリックし「有効化」まで行います。

Widget Importer & Exporter」も同じ手順で有効化まで完了させてください。

3.❶に「Widget Importer & Exporter」と入力すると、Widget Importer & Exporter が候補に出てくるので、❷「今すぐインストール」をクリックし「有効化」まで行ってください。

データ引継ぎプラグイン」のインストール手順

1.[新規プラグインを追加]ページを開く。

2.[プラグインのアップロード]をクリック。

3.[ファイルを選択]をクリック。

4.エクスプローラーが開くので、データ引き継ぎプラグインが入っているフォルダを選択し[開く]をクリック。

5.「ファイルを選択」の横にインストールするファイル名が表示されているのを確認し[今すぐインストール]をクリック。

6.[プラグインを有効化]をクリックすれば、有効化まで完了です。

チェック

左メニューの「AFFINGER管理」にポインターを合わせて「データ引き継ぎ」が表示されていれば、正常にインストールできています。

もし「データ引き継ぎ」が出てこない場合:
WordPressからログアウトしてログインし直すことで表示される場合があるので試してみてください。

データをエクスポート(書き出し)する

プラグインの有効化まで終わったら、次はデータの書き出し(エクスポート)を行います。

カスタマイザー設定のエクスポート

まずはカスタマイズ設定の書き出しから解説していきます。

1.左メニューの「外観」から[カスタマイズ]を選択。

2.カスタマイズメニューの一番下にある[エクスポート/インポート]をクリック。

 3.[書き出し]というボタンをクリック。

4.任意の場所に保存します。

ここでは「デザイン済みデータ保存用」というフォルダを仮に作って保存しました。

ウィジェット設定のエクスポート

次にウィジェット設定の書き出しを行います。

1.左メニューの「ツール」から[Widget Importer & Exporter]を選択。

2.[ウィジェットのエクスポート]をクリック。

3.先ほど作成したフォルダにそのまま保存します。

AFFINGER管理のエクスポート

最後にAFFINGER管理の設定を書き出します。

1.左メニューの「AFFINGER管理]から[データの引き継ぎ]を選択。

2.[エクスポート]をクリック。

3.このデータも先ほど作成したフォルダにそのまま保存します。

これで3つの引き継ぎデータが保存できました。

データ種類
カスタマイザー 用DATファイル
ウィジェット 用WIEファイル
AFFINGER管理 用JSONファイル

まとめ

今回は、デザイン済みデータの作成方法について解説しました。

簡単にまとめます!

デザイン済みデータの作成に必要なプラグインは

  • Customizer Export/Import
  • Widget Importer & Exporter
  • データ引継ぎプラグイン

の3つ。

これらのプラグインを使って書き出し(エクスポート)すれば、デザイン済みデータが完成します。

デザイン済みデータの作成は、最初は少し難しく感じるかもしれません。

しかし一度作成したデザインデータは、他のAFFINGERを使用するサイトに簡単に適用できます。

これにより、デザインの一貫性を保ちつつ、複数のプロジェクトで効率よく作業することが可能になります。

さらに、デザイン済みデータはAFFINGERの購入特典としても使えますので、ぜひやり方をマスターして活用してくださいね!

あわせて読みたい!

AFFINGER6:デザイン済みデータの反映手順

この記事では「AFFINGER6(アフィンガー6)」に、デザイン済みデータを反映させるための手順を詳しく解説しています。 デザイン済みデータは、初心者でも容易に美しいデザインを反映できるアフィンガー専 ...

-AFFINGER6専用機能
-